のんほいパークの混み具合乗り物の待ち時間は?混雑回避方法を紹介!

スポンサーリンク

愛知県豊橋市にあるのんほいパークは動物園、植物園、遊園地、恐竜のオブジェがあったりと家族で楽しめると人気の観光スポットになっています。

のんほいパークに行ってみたいけど混み具合や乗り物の待ち時間はどのくらいかかるのかな?と混雑状況が気になるところ…。

平日や通常の土日であればのんほいパークは昼前でも駐車場に余裕がありますが、ゴールデンウィークや春休みなど連休には毎年開園前から長蛇の列で周辺道路が渋滞し、園内もかなり混雑します。

そこで、このブログではのんほいパークにゴールデンウィークに遊びに行ったときの乗り物の待ち時間や混み具合についてお話していきます。

のんほいパークに遊びに行かれる方は是非事前情報として参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

のんほいパークの混み具合

のんほいパークが混雑する時期や時間帯

のんほいパークが混雑する時期としては土日祝日や長期の連休、混む時間帯としては9時~15時頃に混雑しています。

混雑時には入場制限がかかることもあるので、このようなハイシーズン時期には事前にチケットを購入しておくと安心です。

  • 春休み(3月)
  • ゴールデンウィーク(4月~5月)
  • 夏休み(7月~8月)
  • お盆(8月)
  • シルバーウィーク(9月)
  • 冬休み、年末年始、正月(12月~1月)
  • 土日祝日

平日なかなかお休みがとれない人も土日祝日や長期の連休には家族サービスや遊びに出かけたいとレジャースポットに訪れる観光客でいっぱいとなるためかなり混雑します。

なので、動物の餌やり体験などのイベントは人数に限りがあるので、園内に到着したらまず最初に受付をするのがおすすめです。

園内は通路も広く、エリアごとに分かれているので園内にはいってしまえばそれほど混むことはないのでベビーカーや車イスを利用している方でも移動はしやすいです。

ただ、ランチの時間になると、レストランや屋台は混雑します。

のんほいパークではお弁当や飲み物などの持ち込み制限がないので、天気のいい日には屋台が多数出店する芝生エリアにテントやレジャーシートを敷いてピクニックを楽しむのもおすすめです。

暑い日には展望塔の休憩スペースや木陰のベンチなどでランチを楽しむこともできます。

のんほいパークの園内はとっても広いので、このようなアウトドアワゴンがあるとテントやレジャーシート、お弁当など荷物や疲れたときには子供を乗せることができるので便利ですよ♪

のんほいパークでは花見や紅葉、ピクニック、恐竜のオブジェを楽しんだり、動物園、植物園、自然博物館など家族で楽しめる施設があったりといろいろな遊びを通して学ぶこともできるので混みやすくなっています。

のんほいパークの平日の混雑状況

のんほいパークは平日であれば昼前にでかけたとしても駐車場には余裕があり、スムーズに園内に入ることができます。

ただ、春から秋の過ごしやすい時期や天気のいい日には花見や紅葉、ピクニックを楽しむ人で賑わっていることもありますが、土日祝日よりは空いているのでゆっくりと楽しむことができます。

ただ、平日でもイベント開催時には駐車場が満車になってしまうこともあるので、イベントが開催されているかお出かけ前にチェックしておくのがおすすめです。

のんほいパークの観覧車など乗り物の待ち時間

のんほいパークでは約13種類のアトラクションを楽しむことができますが、小さい子供向けのアトラクションが多いので平日であれば行列もほとんどなく、少ない待ち時間で乗ること、楽しむことができます。

しかし、土日やゴールデンウィークなどハイシーズンの時期には観覧車や乗り物は40分待ちの大行列を作っていました。

なので、私が遊びに出かけた日にもロープが敷かれたエリアから多くの人がはみ出し、係員も最後尾を案内していないのでどこに並べばいいのかわからないという状況となり、お客さん同士でこの並び列はなにの並び列なのか確認し合っていました…。

列が長くなってきているときにはロープを追加したり、どの並び列なのかわかりやすいように案内してもらえると嬉しいですが、スタッフも少ないので難しいのかもしれません。

のんほいパークの駐車場の渋滞や混み具合

のんほいパークまで車でのアクセスをする方も多いかと思いますので、駐車場の渋滞や混み具合についても紹介します。

のんほいパークでは駐車場が中央口、西口、東口の計1650台収容することができますが、土日祝日や連休には朝8時頃から駐車場が満車になることがあります。

混雑時には臨時駐車場も用意されますが、昼前には周辺駐車場もすべて満車になり、周辺道路の渋滞が発生し、約2時間半駐車場待ちになっていました。

のんほいパークの公式Twitterで駐車場の混雑状況をリアルタイムでこのようにツイートしてくれるのでお出かけの際はフォローしておくと便利ですよ。

駐車場に入れないときには周辺エリアで観光をして、のんほいパークのナイトZOOを楽しむというのも1つです。

のんほいパークナイトZOOについてはこちらで詳しく紹介しています。

昼間の閉園時間になると、帰る人も多いので閉園時間に合わせて駐車場に向えばスムーズに駐車することができますよ。

のんほいパークは混雑回避ができる雨の日もおすすめ!

イベントのない平日や年末年始の正月には人が少ないんですが、土日祝日や連休でも雨の日を狙えば混雑を避けることができます。

のんほいパークには植物園や自然史博物館、動物園など施設があり、遊園地も観覧車や室内アトラクションがあるので雨の日にもおすすめの観光スポットでもあるんです。

極地動物館は雨やどりもできて、ホッキョクグマやペンギン、ゴマアザラシにとっても癒されますよ。

このような混雑回避方法の日にちが難しいときには、土日祝日や連休などハイシーズン時期であれば開園時間に到着できるように早めに出かけ、遅くても午前中には着くように出かけるのがおすすめです。

のんほいパークの混み具合:まとめ

のんほいパークの駐車場や園内の混み具合、観覧車など乗り物の待ち時間、混雑回避方法について紹介しました。

のんほいパークは植物園や動物園、自然博物館など遊びを通して学ぶことができる家族連れに人気の観光スポットになっています。

そのため、土日祝日やGWなど連休、ハイシーズン時期には周辺道路の渋滞が発生し、駐車場に停めるまで2時間半待ち、乗り物も約40分待ちの行列ができていました。

のんほいパークへ出かけるときに混雑を回避するタイミングや時間帯を参考に楽しんでくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

に着いたときには国道一号線沿いの渋滞が発生し、駐車場に入れないに車がほとんど動かない状態が続いていました。

遊びに行った日には時頃高速を降り、入園することができたのは15時半頃

平日や通常の土日であればそれほど混雑することはありませんが、天気が良い連休などには9時から毎年国道一号線沿いの渋滞が発生し、駐車場に入るまで長蛇の列ができます。

ゴールデンウィーク中に遊びに行ったときには通常であればのんほいパークまで30分ほどで着く距離ですが、約2時間半ほどかかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました