ハグミルはカビが心配?ハグミルベッドを1年間使った口コミ(メリット・デメリット)

スポンサーリンク

子供が生まれると赤ちゃんや子供と眠れるファミリーベッド(低床ベッド)はどれがいいのか悩みますよね。

私もファミリーベッド選びをするときにハグミルはカビが発生するんじゃないかという心配がありましたが、家族が快適に使えるベッドが良いと思いハグミルを選びました。

この記事ではハグミルのカビ対策と使用していて感じているメリットやデメリット、口コミを詳しくご紹介します。

まさにいま、低床ベット選びに悩んでいたり、ハグミルって実際どうなの?と調べている人はぜひこのブログを参考にしてもらえると嬉しいです(*^-^*)

スポンサーリンク

ハグミルはカビが心配?我が家がしているカビ対策

ハグミルは全面布で覆われているのでカビの心配もありますよね…。

カビが発生する原因としてはどんなことがあるのかを調べてみると、

  • 70%以上の湿度
  • 25~30度の温度
  • ハウスダスト、ダニ、ホコリなどの汚れ

このようにカビが発生しやすい原因が重なり、さらに汚れが加わることでどんどん繁殖してしまいます。

購入当時、下の子供が赤ちゃんだったので汗はもちろん、夜中の授乳、ミルクの吐き戻しなどカビの発生リスクがかなり高いという状況でした。

ベッド選びのとき「すのこベッドのように通気性の良いベットを選んだほうがいい」というアドバイスもありましたが、すのこベッドを選んだとしてもカビ発生のリスクが”ゼロ”というわけではないんです。

それならば、家族が過ごしやすい快適なベッドを選びたいと思い、我が家はハグミルを選びました。

カビの発生リスクを防ぐために我が家がしている対策としては

  • 壁とベッドの隙間を5㎝以上離す
  • 毎日の換気空気清浄機の使用
  • ベッドパットは丸洗いできるものを選択
  • ベットとマットレスの間には除湿シート

この対策をしていることで1年以上使っている今でもカビが発生することなく、快適に眠ることができています。

1つ1つ簡単に説明していきますね!

壁とベッドの隙間を5㎝以上離す

ベッドと壁の隙間を5㎝以上離すことで空気の通り道ができます。

通気性をよくするためにもベッドを設置するときには壁とベッドの隙間を5㎝以上離して設置するのがおすすめです。

毎日の換気・空気清浄機の使用

こまめに換気をすることで空気を循環させることができます。

なので、天気が良い日はなるべき換気をして空気の入れ替えを行い、

雨の日が続いている日には空気清浄機をまわすようにしています。

ベッドパットは丸洗いできるものを選択

ベッドパッドは汗や皮脂などを吸収してくれるので、ベットのカビ対策の必需品!になります。

夏でも冬でも快適に過ごすことができ、丸洗いできるウールのものを選びました!

そして、子供のおねしょやミルクの吐き戻しの心配もあったので、今までは防水シーツをベットパッドの間に敷いていたんです。

でも、防水タイプのシーツを見つけてからはこちらの防水シーツを愛用しています。

子供が汗をたっぷりかいても裏までしみ込むことがないので、ベットパッドが汚れる心配がないので助かっています。

ベットとマットレスの間には除湿シート

汗や皮脂などの汚れを吸い取ってくれるのでハグミルを長く愛用するためにもベットとマットレスの間に除湿シートを念のためにも敷いています。

ハグミルを1年以上使って感じたメリット

ハグミルは超低床ベッドなので安心感もあり、とっても快適に過ごせています。

  • 全面布で覆われ、クッション素材なので怪我のリスクがない
  • 寝相が悪くてもアーム付きだから落下のリスクが少ない
  • 超低床ベッドだからこそ1歳の子供でも乗り降りが簡単
  • カラー展開が豊富

ハグミルのメリット①全面クッション素材なので怪我のリスクがない

ハグミルはこのようにフレームも布で覆われ、クッション素材になっているのでぶつかっても痛くないんです!!!

ハグミル

購入時は赤ちゃんと1歳だった子供たちもいまでは2歳と4歳。

なので、より活発になり、寝室で走り回ったり、じゃれあったりとはしゃいでも怪我の心配がないということが一番のメリットだと感じています。

大人でもフレームにぶつけて怪我をすることもありましたが、ハグミルに変えてからはそんな心配もなくなりました。

怪我の心配がないので、子供たちにも安心して自由に遊ばせています。

アームなどベッドフレーム全体がクッション素材になっているので、腰への負担もありません!

子供とアームにもたれながら絵本を読んだり、もたれながら子供の話を聞いたりと家族の時間を過ごすことができています。

ハグミルのメリット②アーム付きだから落下のリスクが少ない

アームがついているので赤ちゃんと添い寝をしていても落下の心配がなく、夜中も安心して眠ることができました。

ハグミルはこのようにアーム付き、アームなしのタイプと好みに合わせて選ぶことができるんです。

サイズアームなしタイプアーム付きタイプ
PS(パーソナルシングル)W99 × D208 × H60( BH14 )㎝W109 × D208 × H60 ( BH14 )㎝
SD(セミダブル)W124 × D208 × H60( BH14 )㎝W134 × D208 × H60 ( BH14 )㎝
D(ダブル)W141 × D208 × H60( BH14 )㎝W151 × D208 × H60 ( BH14 )㎝
Q1(クイーン1)W152 × D208 × H60( BH14 )㎝W162 × D208 × H60 ( BH14 )㎝
Q2(クイーン2)W165 × D208 × H60( BH14 )㎝W175 × D208 × H60 (BH14)cm

アーム付きとアームなしタイプの横幅の差は10㎝なので快適さを重要視するためにシングルベッド3台+アーム2つを組み合わせました。

両側にアームを設置したことで子供たちがそれぞれ快適に過ごせているのでアームを2つ取り付けたことは正解でした!

ハグミルのメリット③超低床ベッドだからこそ1歳の子供でも乗り降りが簡単

ハグミルは超低床ベッドなので元々使っていたマットレスでも1歳の子供でも乗り降りが簡単でした。

我が家の場合、もしかしたらベッドの高さが高いと感じるかもしれませんが、マットレスもこのような低床のものを選べばさらに高さは気にならないですよ。

ベッドから落ちる心配も超低床ベッドと低床マットレスを選べばより落下の心配はないですね♪

ハグミルのメリット④カラー展開が豊富

ハグミルはカラー展開が豊富なので、好みのカラーを選択できるというメリットもありました。

デニム生地はあの岡山の世界的ブランド「モモタロウジーンズ」とコラボした商品らしく、デニム好きな人に人気ということでしたが、我が家は飽きがこないようグリーンを選択しました。

是非お気に入りの色があるかチェックしてみてくださいね♪

続いて、ハグミルを1年半使用してイマイチだなと感じたことも紹介していきますね!

ハグミルを1年以上使って感じたデメリット(イマイチな口コミ)

  • ベット単体が軽いのでズレ
  • 頭元のベッドボードが思ったよりも狭い
  • アームを取り付けるこで隙間ができる

詳しく解説していきますね!

ベット単体が軽いのでズレてしまう

ベット単体が思ったよりも軽く、マットレスも軽いと簡単にズレてしまうんです。

そのため、我が家ではこのような結束バンドを100均で購入して固定しています!

結束バンドで固定したことでズレる心配はなくなりました!

頭元のベッドボードが思ったよりも狭い

頭元のベッドボードが思ったよりも狭かったので、大きい絵本やかごを置いていると狭いんです。

なので、たまに落ちてくることがあるのであまり大きいものは置かないように気を付けています。(笑)

アームを取り付けることで隙間ができる

ベッドを壁よせにしているんですが、両サイドにアーム付きを設置してしまったので壁との隙間ができてしまったんです。

そのため、寝相が悪い子供たちが何度か落ちました…。

壁よせにするのであれば、アームを片側に2つ取り付ければ良かった、と後悔しました…。

アームを付け直せばいい話なんですが、面倒でそのままにしてしまっています…。

これから購入しようと思っている人は壁よせにするなら、片側に2つアームを取り付けたほうが転落防止のためにはいいかもしれません。

ハグミルの商品概要

ハグミル2400は国内生産なので安心なのと抗菌・防臭加工がされていることも特徴の1つです。

慣れるまではベッドのニオイがきついものがあったりと気になるベッドもありますが、ハグミルはニオイも気になりませんでした。

そして、カラーだけでなく、サイズ展開も豊富なので部屋に合わせて様々な組み合わせができるんです。

我が家は8畳の部屋にアーム付きシングルベッドを2台、アームなしシングルベッドを1台の合計3台置いています。

アームも含めると部屋が狭くなるかな、と思っていましたが、広々と快適に眠れることを重視しました!

ハグミルを買うならどこで買う?

dream bedの公式では販売されていないので正規取り扱い店舗での購入が安心です。

取扱店としては大手通販サイト楽天市場以外にも【アイテム数10,000点】ベッド・マットレス通販専門店「ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-」でも取り扱いがありました!

ベッドコンシェルジュネルコはハグミル以外にもすのこベッドなどファミリー向けの低床ベッドの取り扱いも多いので好みのベッドがきっとみつかりますよ。

ハグミルはカビが心配?ハグミルの口コミのまとめ

今回は赤ちゃんとも川の字で安心して寝ることができるベット・ハグミル2400について紹介しました。

ハグミルは全面布製でできているのでカビ発生の心配はありますが、それ以上に子供と快適に過ごすことができるのでメリットは大きいです。

低床ベットが気になっている人の参考になってくれたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\ハグミルの取り扱いもあり/

【アイテム数10,000点】ベッド・マットレス通販専門店「ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-」

コメント

タイトルとURLをコピーしました